腹筋の使い方

ピラティスで代表的なロールアップ。

いわゆる腹筋運動とはまた違うんです。

シックスパックに目が行きがちの、この腹筋。

腹直筋は表層の筋肉です。

ピラティスでは深層筋にアプローチしていきます。

首で持ち上げようとすると腹直筋を使いやすく

ここが弱いと腿の筋肉に力が入ってしまうので

足が浮いてしまい、首肩腰膝に負担がかかり

痛みや凝りが出てしまいます。

上半身の重みを感じないように上手くインナーを

使っていくために背骨を固まりで動かさないようにしたいもの

ですが、なかなかその感覚って最初は分からないもの。

だけど続けていれば必ず弱っていく事はないので

少しずつでも続けたい。

まずは無意識のうちに入りやすい首や肩の力によって

背骨の動きも硬くなり起こせなくなり、更に力が入ってしまう

という悪循環を解消したいですね。

背骨が硬くなると、まさしく棒のようにしか

使えなくなってしまいます。

反り腰も原因のひとつ…まずは長い時間をかけて硬くなった

体を時間かけて丁寧にほぐして柔軟性を取り戻し

体を整えていきたいですね。

これから寒い冬になると、ますます肩まわりに力が入りやすい

ので軽くしてあげましょう。

関連記事

  1. 膨らむ〜

  2. 骨と関節

  3. 美・デコルテ

  4. 明日、輝くために

  5. 食べたいから

  6. 夏だから…

体験レッスン受付中♪

府中市ピラティス教室studio6sense体験レッスン
  1. 2022.12.02

    後ろ姿

  2. 2022.11.14

    日常の癖

  3. 2022.10.21

    元気になる場所

  4. 2022.09.23

    胸椎から

  5. 2022.09.06

    しなやかさ